ブログ

お金が無くて外壁塗装できない…そんな時の方法は?

2024.06.21

こんにちは!ブログをご覧いただきありがとうございます。

町田市・相模原を中心に外壁塗装・屋根塗装を行っています。
地域密着・町田市で創業26年☆

真面目で丁寧な仕事を心掛けている
プロタイムズ町田森野店 ペイントプラザです😊

 

そろそろ壁や屋根の汚れや劣化が気になるけど、外壁・屋根塗装するためのお金が無い…という方もいるでしょう。
大切なお住まいを守るためにも必要な外壁・屋根塗装ですが、それなりの費用がかかるので不安を感じる方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は外壁・屋根塗装の予算が無くても外壁塗装が出来る可能性がある方法をお伝えします。
是非ご覧になって参考にしてみてくださいね!

 

まず初めに、外壁・屋根の塗装工事の相場は大体どれくらいの費用がかかるかご存知でしょうか?
一般的な2階建ての住宅だと約100~150万円ほどと言われています。
選ぶ塗料や面積、劣化具合によって異なりますが、中々に大きい金額ですよね。
しかし、予算が無いから…という理由で塗装を先延ばしにすると、外壁材が早々にダメになるだけでなく、お家の寿命が縮んでしまうこともあります。
大切なお住まいを長持ちさせるためにも、必要な時期に塗装工事をすることが非常に重要になるのです。

現在、塗装が必要な時期で予算が心配な方は下記でご紹介する内容を参考にしていただいて、是非外壁塗装を前向きにご検討ください😊

 

外壁塗装に使えるお金が無い!という時に検討したい方法!

塗装に使える予算が無くても、外壁・屋根塗装ができる可能性はあります。
・外壁塗装の予算全てor一部を調達する方法
・なるだけ予算をかけずに、費用を抑えて塗装をする方法などをまとめてお伝えします。

①リフォームローンを利用する

外壁・屋根塗装の支払いには、リフォームローンが利用できます。
「外壁塗装の予算が全くない」「予算が足りない」という状況でも、リフォームローンが組めれば外壁・屋根塗装をすることができます。

☆こんな方にはローンの利用がオススメです!

下記のチェック項目に1つでも該当する方は、ローンの利用も視野に入れて検討してみるのがおすすめです。

☑手元に外壁塗装に充てる予算が無い
☑進学を控えた子供がいる為、貯金を使いたくない
☑外壁・屋根の劣化が大きく、予想していた以上の工事費がかかる
☑先々のメンテナンスにかかるコストを考えて、割高になっても耐久性に優れた最良の塗料を選びたい

ローンの利用を検討される際には、「どれくらい借り入れたいのか」「無担保と有担保のどちらを検討しているのか」などを担当者に伝えて、適した商品を紹介してもらいましょう。

②自治体の補助金・助成金の活用

お住まいの自治体によって外壁・屋根塗装時に補助金や助成金がもらえる場合があります。
助成金とは、一定の条件を満たすことで自治体から支給されるお金のことですが、実は外壁や屋根塗装をする場合にも条件を満たせば助成金を貰うことが可能です。
原則返済不要のため、少しでもお得に工事をしたい方にはぜひともご活用いただきたい制度です。

☆各自治体の助成金の例☆

※終了している可能性があります

◆すべての自治体が、外壁や屋根塗装に使える補助金・助成金を交付しているわけではない

外壁・屋根塗装が対象となる補助金・助成金制度があるかは自治体によって異なります。
制度が無い場合は、基本的に補助金・助成金は貰えませんので注意してください。

また、自治体の補助金・助成金には交付条件があります。
条件に当てはまらなければ補助金・助成金はもらえないので、まず制度はあるのか、あった場合は条件は何かを自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

◆外壁・屋根塗装にかかる費用全額を補助金助成金で賄うことはできない
上記の例にもありますが、ほとんどの場合自治体が交付している補助金・助成金は、外壁・屋根塗装費用の一部です。
そのため、補助金・助成金がもらえた場合でも差額はご自身で用意する必要があります。
それでも、外壁・屋根塗装の予算が足りない!という場合に補助金・助成金が助けになることは間違いないでしょう。

まずはお住まいの自治体に補助金・助成金制度があるか確認してみることをオススメします。

③外壁・屋根塗装工事費を安く抑える

外壁・屋根塗装の費用をできるだけ安く抑えることも検討したい方法の一つです。

☆外壁・屋根塗装を安く抑える方法☆
・本当に必要な最低限の工事のみにする
・安く塗装工事をしてくれる業者に依頼する
・相見積もりを取る
・キャンペーンを活用する

外壁・屋根塗装の予算が足りないという場合でも、塗装工事費を安く抑えることが出来れば外壁・屋根塗装ができるかもしれません。
予算がまったくない!という場合でも、工事費用を抑えることが出来ればリフォームローン等で借り入れる金額を抑えることが出来るはずです。

しかし、工事費用を安く抑えようとするあまりに、無理な値引きを要求すると工程を省かれたり、材料のランクが落ちたりなど、塗装の品質に相応の悪影響が生じる可能性があります。
出来るだけ安く…という消費者心理に漬け込む悪徳業者に騙されないためにも、相見積もりを取り、そのうえで信頼できる業者に任せることが大切です

④火災保険を使う

外壁・屋根塗装の際に火災保険が使用できるケースがあるのはご存知でしょうか?
保険の適用条件がクリアできれば、保険金で外壁・屋根の塗装工事を行うことは可能です。

戸建て住宅向けの火災保険は火災やガス爆発などの事故だけではなく、自然災害による損傷にも適用される場合があります。
つまり、「自然災害によって外壁や屋根に損害を受けた」場合などは、保険適用されるケースがあるのです。

色々な条件はありますが、「外壁・屋根の破損が過去3年以内の災害によるものである」ということが大前提になります。
ここでいう災害とは、風害、雪害、豪雨、雹(ひょう)等のことを指します。
経年劣化で起こった損傷には適用されないので注意しましょう。

例えば、台風や竜巻時の飛来物で外壁や屋根が損傷した場合には適用される可能性があります。
ただ、戸建て住宅向けの火災保険にはいろいろな種類があり、補償の内容もお住まいごとに違います。
風害は適用されても水害は適用されない…という場合などありますので、加入されている火災保険の種類と内容をまず確認しましょう

◆こんな話には要注意!!
火災保険を活用して外壁・屋根塗装を行う際に、必ず注意していただきたい点があります。
それは保険金を餌に工事契約を迫る業者です。そのような業者は、火災保険を使うと無料で外壁や屋根の塗装ができるなどの誘い文句で近づいてきます。
・費用が自己負担ゼロ(無料)で塗装できることをやたらとアピールしてくる
・保険金請求の代行を訴えてくる
・工事全般について、交付してくれない
このような業者には注意してください。
上記にもありますが、各お住まいで保険や補償の内容も違うのに、必ず無料でできる!と謳うのはおかしい話なのです。
また、保険金の請求はご本人がすべきであり、なりすまして申請することで保険会社から「詐欺」と判断される可能性もあります。
そうならないためにも信頼できる業者に火災保険が使えるなら使いたいという旨を伝えて、外壁や屋根の調査をしてもらいましょう。

 

まとめ

外壁・屋根の塗装は、予算が無いからといって安易に「塗装をしない」「先延ばしにする」のは賢明な判断とは言えません。
それは、必要なタイミングで外壁・屋根の塗装をしなければ、外壁材が早々にダメになってしまうリスクがあるためです。
大切なお住まいを長期間守るためにも、適切な時期に外壁や屋根の塗装をすることが大切です。
そのために、ローンや、助成金・補助金制度、火災保険などを活用すれば、外壁・屋根塗装ができる可能性があります。
お住まいの劣化が気になる方はまず信頼できる業者を探して、そのうえで色々と相談してみてくださいね!

 

ペイントプラザの塗装職人は技量もさることながら、きちんとマナーを守り気持ち良い心掛けています。

施主様の声に寄り添いながら塗装工事を行うことを心掛けていますので普段、塗装でお困りのこと、不明な点などございましたら
まずは町田市・相模原での外壁塗装・屋根塗装専門店のペイントプラザ(プロタイムズ町田森野店)へお気軽にお問い合わせください。

☎0120-30-1127

☎042-710-1464

最新の投稿

アーカイブ

キャンペーン
Youtube