雨漏り診断

台風による雨漏りで住宅の劣化は早まる
~建物のトラブルをお調べします~

台風による雨漏りで住宅の劣化は早まる~建物のトラブルをお調べします~

近年、地球温暖化の影響もあってか、首都圏における台風被害が大きくなっています。「屋根瓦が飛んだ」「トタン屋根が飛ばされた」「大雨で突然雨漏りした」といったニュースを耳にすることも少なくありません。

台風による被害を最小限におさえるには、早めの対策が必要です。町田市や相模原市を中心に塗装を行っているペイントプラザでは、建物の無料診断をして、雨漏りのリスクや修理の必要性をお伝えしています。建物の劣化を防ぐためにも、お気軽にご相談ください。

台風による雨漏りのチェックポイント
~雨漏りを放置するリスクとは~

台風による雨漏りのチェックポイント~雨漏りを放置するリスクとは~

台風や大雨による雨漏りに対処するには、プロによる点検と早めの補修が大切です。「小さなヒビ割れだから・・・」と放置していると、横殴りの雨によって、外壁や屋根のすき間から雨水が建物の躯体にまで入り込んでしまうこともあるのです。

建物内部に浸入した水は、構造上で重要な柱や梁などを次第に腐食させていきます。そのまま放置しておくと、家の劣化が急激に進み、建物の寿命を縮ませるリスクがあるのです。その結果、修繕に膨大な費用がかかることにつながります。

まずはお客様の目で次のような点に注意して建物をチェックしてみてください。少しでも気になる箇所があれば、早めのメンテナンスを検討しましょう。ペイントプラザまでお気軽にご相談ください。

雨どいに割れやゆがみはありませんか?

雨どいに割れやゆがみはありませんか?

強風や積雪・経年劣化によって雨どいがゆがんだり継ぎ手部分にすき間ができたりすると、屋根の雨水が正常に流れなくなってしまいます。また枯葉やゴミなどがパイプ内に詰まっている場合も、雨水を排出できず、不具合が起こります。

屋根の割れやズレはありませんか?

屋根の割れやズレはありませんか?

屋根材が強風で割れていたり、飛ばされていたりすると、そのすき間から雨水が入り込んでしまいます。屋根にヒビやズレがないか、周囲に破損した瓦などが落ちていないかなども確認しておきましょう。

シーリングが切れていませんか?

シーリングが切れていませんか?

大雨のときだけ雨漏りになる場合には、シーリング(コーキング)の劣化が疑われます。シーリングは、外壁のサイディングの目地や窓枠周りに使用されている部材です。劣化が進み、ヒビ割れたり切れたりすると、そのすき間から雨漏りを起こすことがあります。

このほか様々な原因によって雨漏りは起こります。破損個所の特定は簡単ではありません。雨漏りによる被害を拡大させないためにも、専門業者にチェックを依頼するのが安心でしょう。

建物診断とその解決は専門業者にまかせて安心

建物診断とその解決は専門業者にまかせて安心

DIYが得意な方なら、「雨漏りの修理くらいできるかも・・・」と思っていらっしゃいませんか? 原因を見つけて直すのは、簡単なことではありません。一時的に雨漏りを止められても、他の箇所からの雨漏りによって、再び修理しなければならないこともあるのです。

雨漏りの根本原因を見つけて対応するには、専門知識と豊富な経験が求められます。当社は、屋根の上や天井裏などまで上がって診断し、徹底的に対応することが可能です。気になる雨漏りの診断や修理は、ペイントプラザに安心しておまかせください。

その修繕、自己負担0円で直せるかも!? 火災保険のサポートもいたします

その修繕、自己負担0円で直せるかも!? 火災保険のサポートもいたします

火災保険に加入している方へ、雨漏りや雨どいの歪み・破損、屋根の棟板金(むねばんきん)の浮き、屋根のそり・割れなどの修理に、火災保険を利用できる可能性があります。保険を使うことで、自己負担0円で直せるかもしれません。

なお、定期的なメンテナンスを怠っている場合には、保険金は支払われません。定期的に補修しながら、台風や大雨などの自然災害によって雨漏りが発生した場合に保険金が支払われる可能性があるのです。

ペイントプラザでは、現地調査で破損箇所を見つけた場合、お客様に丁寧にご説明しております。火災保険の請求についても手続きからサポートまで対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

トップに戻る