業者選び/見積書

  • ホーム  >  
  • 業者選び/見積書

塗装業者の選び方/価格相場と見積書の見方

塗装業者の選び方/価格相場と見積書の見方

後悔しない外壁塗装・屋根塗装を行うために一番大切なことは、塗装業者選びです。悪徳業者にだまされないためにも、塗装業者選びは慎重に行いたいもの。こちらでは優良な塗装業者を選ぶポイントをご紹介します。

業者選びで失敗しないために、塗装の相場を知って、業者の出す見積もりを見極められる目を持つことも必要です。町田市や相模原市を中心に塗装を行っているペイントプラザでは、安く、しかも適正価格のお見積もりをご提示しています。安心してご相談ください。

業者選びのチェックポイント

訪問販売で即決を迫る会社には注意しましょう

訪問販売で即決を迫る会社には注意しましょう

塗装業者としては残念なことですが、外壁塗装でトラブルにあう方は少なくありません。中でも訪問販売による工事によって、被害にあわれるケースが多いようです。

業者からいわれるまま契約して工事を行ってしまい、高額な費用を請求されてしまうことも。塗装工事を依頼する際には必ず見積もりをとるようにしてください。見積もりの内容を確認・比較し、すぐに契約を決めてしまわないようにしましょう。

直接施工の会社だと中間マージンがかかりません

直接施工の会社だと中間マージンがかかりません

リフォーム会社などに塗装工事を依頼した場合、その会社が工事するとはかぎりません。実際に工事をするのは別の下請け業者というケースも多いのです。中間業者が入るということはマージンが発生し、余計な費用がかかってしまいます。

ペイントプラザの場合は直接施工ですので、こうした中間マージンがかかりません。費用を抑えることができ、工事の質が落ちる心配もありません。

業者は自分の目で選びましょう

業者は自分の目で選びましょう

外壁塗装や屋根塗装に詳しいという方は、そうそう多くはありません。だからといって、業者選びを他人にまかせてしまうと、失敗してしまうことが多々あります。なぜなら他人の評判や判断がいつも正しいとはかぎらないからです。

知人の評価が高い会社だからといって、良い業者とはかぎりません。他人のアドバイスを参考にするのはかまいませんが、最終的な判断はご自身で行うことが大切です。

わが家の特性を知ることが大切です

わが家の特性を知ることが大切です

建物は、ひとつとして同じものはありません。同じ時期に建てられた家でも、住まい方や環境など様々な条件によって、劣化のスピードが変わってきます。たとえ知人の家の塗装がうまくいったとしても、それが自分の家にも当てはまるとはかぎらないのです。

外壁塗装ひとつとっても、業者によって得意分野や苦手分野があります。知人の家の塗装と同じものを同じ条件でできるわけではないことを知っておきましょう。

営業マンを見極めましょう

営業マンを見極めましょう

実際に施工するのは職人ですが、お客様と直接やり取りするのは営業マンです。専門的な知識を必要とする塗装工事について、丁寧にわかりやすく説明してくれる営業マンだと安心です。

ペイントプラザの営業マンは、お客様とのコミュニケーションを大切に考えております。お客様のご状況を見極め、不安を取り除きながら、お客様のご要望に合わせた最善のご提案ができるよう努めております。

複数の業者を比較検討しましょう

複数の業者を比較検討しましょう

訪問販売でやってきた会社とだけ契約するのはリスクがあります。契約を迫るような会社でしたら、なおさらです。決してあせることなく、複数の会社から見積もりをとって比較検討するようにしましょう。

見積もりを見比べる際に、価格だけで決めてしまうのもおすすめできません。見積書に記載されている項目を比較検討し、納得できる説明をしてくれる業者に依頼すると安心です。

悪徳業者を避けるには見積もりの見方がポイントです

見積もりを依頼した業者をチェック!

見積もりを依頼した業者をチェック!

見積もりの依頼はインターネットだけで済ませることもできます。しかし、最終的に業者を選ぶ際に、数字だけで判断するのはNGです。業者の対応をしっかり見て、信頼できる会社に依頼することをおすすめします。

「会社に電話してときの対応は?」「営業マンの説明は丁寧か?」「工事についての説明は?」「スケジュールに配慮してくれるか?」など、価格やインターネットの情報だけではわからない点もしっかりチェックしましょう。

プロによる診断をもとに作られた見積書なのかチェック!

プロによる診断をもとに作られた見積書なのかチェック!

悪徳業者の場合、現場の確認もせずに、簡単な見積もりを出すことがあります。そうして出された見積もりの数字は信用できません。これに対し、見積もりを出す前にプロが建物診断を行い、その診断書も提出してくれるような業者の見積もりであれば信頼できるでしょう。

ペイントプラザではお客様のご要望をおうかがいした上で、複数パターンの見積書をご提出しております。現地調査で細かい調査を行い、見積書といっしょに無料診断報告書もご提出していますのでご安心ください。

見積もりが明確になっているかチェック!

見積もりが明確になっているかチェック!

見積書の内訳は塗装内容をチェックする上で重要です。たとえば作業内容が「塗装一式」などと記載されているような大ざっぱな内訳ですと安心できません。

外壁塗装は決して安い工事ではなく、塗装後、何年にもわたってお客様の生活に影響します。だからこそ、塗装回数や塗装範囲、単価などが明確になっている業者に依頼することをおすすめします。

外壁塗装の価格相場と見積書のチェックポイント

一般的な価格相場はどれくらい?

一般的な価格相場はどれくらい?

外壁塗装の見積書において、価格相場をもっとも左右するのは、使用する塗料です。塗料のグレードと塗装価格は比例すると考えましょう。グレードが高くなればなるほど塗装が長持ちし、その分費用も高くなるからです。

平均的な30坪の家の場合、外壁塗装の費用相場は60~90万円、屋根塗装も含めると80~120万円が相場となります。この相場には、塗装費用のほか、足場設置費用や洗浄費用、下地処理などの費用も含まれます。

塗料の種類 30坪の場合の相場
アクリル 約60万円
ウレタン 約65万円
シリコン 約70万円
ラジカル 約75万円
フッ素 約80万円
無機 約90万円

なお40坪や50坪などの場合には、10坪増えるごとに10万円を加えることによって概算を出すことが可能です。

見積書ではここをチェック!
塗料

塗料

アクリルやシリコンなどの原材料、防汚機能、遮熱機能など塗料の持つ機能によって様々な種類に分けられます。一般的に、価格と性能は比例します。耐久性があり次の塗り替えまでの期間が長い塗料は高価になり、塗り替え頻度が高くなる塗料は低価格です。

塗装範囲

塗装範囲

塗装する範囲が広くなれば、自ずと使用する塗料の使用量が増えることになります。外壁のみ塗装するのか、屋根やベランダ、階段などまで含めて塗装するのか、塗装範囲によって塗り替え費用の総額が大きく変わります。

塗装回数

塗装回数

外壁塗装では一般的には、下塗り、中塗り、上塗りという3回重ね塗りを行います。業者によっては2回で済ませることもあります。回数が少なければ塗装費用や安くなる分、耐久性の面で不安が残るかもしれません。塗装回数はしっかり確認しましょう。

施工人数

施工人数

塗装作業を行う職人の数が多ければ、人件費がかさみ、塗装費用の総額を押し上げることにつながります。施工人数が少なければ費用は安くなりますが、その分、工期が伸びてしまうことにもつながるので注意しましょう。

工期

工期

施工にかかわる人件費は施工人数と工期を掛けて計算されます。施工人数を減らしても、工期が長引けばその分費用はかかってしまいます。もちろん、足場を組んだり、塗装を乾燥させたりするために、ある程度の日数は必要です。

経費

経費

塗料や人件費のほかにも様々な経費がかかります。仮設足場の設置費用や養生費用、塗料の飛散を防ぐためのネット代など、見積もりに含まれるかどうかで費用が変わってきます。不明な点があれば、業者に納得いくまで確認しましょう。

Pick upペイントプラザの見積書には
「使う塗料の缶数」まで記載します!

ペイントプラザでは、透明性のある見積書の作成に努めております。あいまいな見積もりでは、工事中に塗料が不足してしまうなど、施工不良の原因になってしまうこともあるからです。当社の見積書には、使用する塗料の缶の数まできっちり記載しております。

なお必要な缶数は、下地の吸収しやすさなど、現場状況に応じて変動することがあります。そうした場合には、お客様にきちんとご説明して変更するなど、臨機応変な対応も可能です。

お客様の大切な物件の塗装は、技術と実績のあるペイントプラザに安心しておまかせください。

トップに戻る